Language and login selector start
Language and login selector end

Interview with SUPER WINDOW PROJECT by Yuri Ishii


Soshi Matsunobe, My stones, 2011, cement, variable dimensions. Courtesy Super Window Project

Interview with SUPER WINDOW PROJECT

A project room hidden in Kamigamo, in Kyoto (Japan). This is SUPER WINDOW
PROJECT (http://www.superwindowproject.com/) run by a Spanish/French man Baron Osuna. It seems challenging to have this type of project focused on contemporary art in the most traditional town in Japan. Represented artists are mainly emerging Japanese artists and European artists. We asked Mr.Osuna for an interview to catch the concept of SUPER WINDOW PROJECT which is very difficult to simply define as a Ďgalleryí.

Please find the Japanese Version below.


YI: Now you have your gallery in Kyoto, in Japan. Why did you decide to have this gallery in Japan? Were you interested at first in Japanese art scene or the artists who are in the portfolio of SUPER WINDOW PROJECT?


BO: Actually, I was not supposed to work when I came to Japan. I came to Japan because of other personal reason. That's why I had no knowledge about Japanese art scene then. I started this SUPER WINDOW PROJECT, as a ''project room'' to keep working with artists who I'd already worked with.


YI: So you already knew every artist in the portfolio of your gallery when you came to Japan?


BO: When it comes to Japanese artists, I discovered them after coming to Japan.


YI: OK. So now, could you tell us about your gallery's concept?


BO: At first, SUPER WINDOW PROJECT was a primary project, because the primary focus of a gallery is selling artworks. Our primary focus is to produce and diffuse works. Itís always very hard to say that weíre a gallery, as I find very often that some galleries, commercial galleries, even donít really have the direction or the vision of the work which they are doing. I launched this project to use my knowledge about the European art and the international art scene.


YI: As you were a curator in Milano before moving to Japan, do you find the art market in Europe and the one in Japan are different?


BO: Well, they are different, culturally different. Probably as the western countries are more concerned and also more interested in contemporary art, then contemporary art has become a market. On the other hand, when it comes to Japanese art market, its model already existed as I mentionnes just now about the western countries. It doesnít exist because there was the necessity to present, to represent and to sell artists. So the art market in Japan looks like the art market in Europe apparently, but each market has very specific reasons to exist. I donít believe in a global market, itís just a concept, an idea. I think that actually all these art scenes remain vey local.


YI: And do you think that there is something specific about Japanese art market?


BO: I donít really know what is specific about Japanese art market. I would say that itís a very conservative art market. It mostly turns only to painting, but at the same time, I believe that galleries and institutions play an important role to make things change.


YI: So, do you think current Japanese art scene is not actively open to other countries?


BO: Well, I think itís very personal, it depends on the artist himself. For example, when we met Soshi Matsunobe (http://matsunobe.net/), he was very young, only 21 year old, and had his first exhibition when he was 22. He is an artist who has a very strong commitment with what he is doing and who works very hard. And at the same time, he works also really hard to learn English. He knows that this is the key for artist to integrate abroad, to be able to talk with our curators, and directors of other institutions abroad. I think the young generation of Japanese artists are totally aware of that and are absolutely willing to move and to work as international artist.


YI: I know. I think the language is an essential element when we want to have any activities out of our own country, and for Japanese artists, this is also a big problem for which they have to work out hard and overcome.


BO: Yes, but itís very interesting how young Japanese artists are aware of whatís happening out of Japan. Most of the time they have the access to the information through the Internet and also through books and magazines. And I also find interesting that even though nowadays they are taking all this information from abroad, they donít forget their own identity as Japanese and they blend these influences and create very unique and specific works.


YI: You said that their works are unique and specific. So do you think they have a kind of special style? Can you describe this ďJapanese flavorĒ?


BO: Yes, absolutely they have it. Maybe itís because Japan is an island, a very isolated island, also when it comes to the language. Itís difficult to explain it or even categorize it without visual images. For me, there is a very beautiful connection between traditional culture and also modern culture, and it seems to be a more conceptual and minimal art than others, for example, thatís the case of the work of Soshi Matsunobe. We will show pieces of stones that will be a very large installation. He makes all these stones by himself, up to now he has made around 3000 stones. He makes them with cement, and he sculpts them by hand. The result looks like natural stones. Itís like an edition, like a multiple, itís the same process. He always uses an amount of cement that he sculpts with his hands, and like in nature, each one is different. So itís an edition, theyíre all stones, but theyíre all different. I really love this idea, and I think this is a very Japanese idea. ĎItís the same but differentí, or ĎItís the same and differentí, or ĎItís the same or differentí. When he sculpts them he always does the same moves, or he follows the same process, but the result is always different. This is something very unique,t which also happens in the Japanese ceramic technique.

Soshi Matsunobe, "My stones", 2011, cement, variable dimensions. Courtesy Super Window Project


YI: Itís really interesting to know the impression of foreign people about Japanese art and I really agree with what you have explained. Now, you are in Europe with your team of Japanese artists for the diffusion of their works.


BO: Yes, they will all have a group exhibition in Paris.


YI: Do you have some interesting reaction toward them?


BO: Yes, very much. I have to say that I have an incredible response. I sell their works very very well.

Soshi Matsunobe, "Takashi Suzuki, "Bau", photographs, C-print mounted on wood, 8 x 11 x 2 cm. Edition of 3. Courtesy Super Window Project.



Koki Tanaka, "Gum Monster", 2011, 100 roll tapes, variable dimensions. Courtesy Super Window Project.


YI: Iím happy to hear that, as I think itís quite difficult for young Japanese artists to get themselves better known abroad.


BO: Yes. Actually itís indeed quite rare for them to get attention out of Japan when they donít speak a second language, because they have to go to a very good or a very big gallery or they have to be already quite famous in Japan, which means they should be already relatively older.


YI: Do you think in Europe, the way of approaching to the art market is different from Japan? Is the way of diffusing art different?


BO: Actually itís quite the same thing. For example, what I tried to do in Japan was not to diffuse French artist but to integrate European artists in the Japanese art scene, since going and living in Japan is such an amazing experience. And Iím doing the same in Europe for Japanese artists. And all the artists who I chose for the program, I chose them because I knew their works. So the experience together will bring a shift or a dramatic change or evolution into their works. So the purpose of SUPER WINDOW PROJECT is to bring that moment. The point is really to produce a body of work, one piece or two pieces or a set of pieces that would be relevant in the artist career, itís really mean a step for the artist, and also to let the artist meet people who they wouldnít have the occasion to meet in their own countries, like curators or collectors.


YI: Itís definitely a good occasion for the artists. So what kind of project is to be launched with your team right now?


BO: We will open an exhibition with Soshi Matsunobe,Takashi Suzuki and Koki Tanaka in Paris next September 10th until October 22nd, as "Matsunobe / Suzuki / Tanaka, a Japanese window", at gdm/galerie de multiples: www.galeriedemultiples.com. Then I will stay in France, in Paris with gdm and in Marseille for Art-o-rama: http://art-o-rama.fr/en/8/galleries/17/acdc-bordeaux-super-window-project-kyoto), and in Germany (Cologne for artist in residence project for Soshi Matsunobe) and Italy (Artissima 18: http://artissima.it/). Iím really looking forward not only to represent but also to build something with Japanese artists. I really want to bring a Japanese spirit there. And I believe that one way to help the Japanese artist with their current situation is to keep doing their work.


YI: Through this promotion and diffusion, did you start to expect that Japanese contemporary artists will play an active role in the European art market?


BO: They are probably one of the best artists right now, but I think itís a big pity that nobody knows it.


YI: So you find that Japanese art is not well known enough all over the world?


BO: Yes. It is harsh to saying it, but I really believe that they really deserve a wider audience, definitely. So I really hope that what I am doing right now with Japan will be bigger, wider and will integrate artists who I donít know yet.


YI: I hope this project which youíre having right now will bring something huge for the artists. And the last question, why did you called your gallery, well, I should say your project, ĎSUPER WINDOW PROJECTí?


BO: Because I thought that calling it for example ĎGalerie Baron Osunaí would be more the idea of a gallery rather than the idea of a project. I wanted this name, as it was something more relevant to my own activity and also what I did in my life previously, because I also designed windows for brands like Louis Vuitton or Hermes. And when I was a kid, one work whose name was Ďwindow projectí attracted me a lot, so this name itself is a reference to my past. I really insisted in having this name, because for me it is a working progress and also a space which is a small space, but which has a huge, big window.


YI: What an interesting story! Thank you very much, Baron.


BO: O.Youíre welcome!


Interview and translation by Yuri Ishii.



Please find the English Version on top


日本の京都の上賀茂に、ひっそりと潜む一見ギャラリーのようなプロジェトルーム。それがフランス人Baron Osunaが営むSUPER WINDOW PROJECT (http://www.superwindowproject.com/)だ。日本で最も伝統的な町、京都に現代アートを発信するこのプロジェクトを立ち上げたることは、ある意味挑戦的にも思える。参加アーティストは、主に若い日本人アーティスト、フランス人アーティストだ。一言にííギャラリーííとして収めて定義し難いこのSUPER WINDOW PROJECTの運営人、Osuna氏にプロジェクトのコンセプトを知るべくインタビューを依頼した。

Y.今日は。さっそくインタビューを始めさせて頂いてよろしいですか?

O.もちろん!

Y.現在Osunaさんは日本の京都にギャラリーをお持ちですが、どういった経緯でこのギャラリーを日本に構えることにしたのですか?最初の動機となったのは、日本のアートシーンか、現在SUPER WINDOW PROJECTとして共に活動しているアーティストか、どちらでしょうか。

O.実は、日本へやって来た当初、私は働くことにはなっていませんでした。日本へ来た理由はまた別の個人的な理由だったのです。なので、当時私は日本のアートシーンに関しては全く無知でした。そこから、今まで既に共に仕事をしたことのあるアーティスト達との仕事を続けるために、「プロジェクトルーム」としてこのSUPER WINDOW PROJECTを立ち上げたのです。

Y.ということは、日本に来た時既に、現在共に活動しているアーティストのことはご存知でしたか?

O.日本人アーティストに関しては、日本へやって来てから知るようになりました。

Y.ギャラリーのコンセプトをお伺いして宜しいですか?

O.まず始めに、SUPER WINDOW PROJECTは、元来プロジェクトです。というのは、ギャラリーならば、その一番の目的は、作品を売ることだからです。私たちが一番重きを置いているのは、作品を造り、それを普及させることです。いつも、このプロジェクトをギャラリーとして説明するのはとても、難しいのです。というのも、ギャラリー、特に商業目的のギャラリーの中には、実際やっていることの方向性や、ビジョンでさえギャラリー自身が良く理解出来ていないことが頻繁にあるのです。私は自分が持っているヨーロッパのアートシーン、インターナショナルなアートシーンに関する知識を使うためにこのプロジェクトをスタートさせました。

Y.日本へ移る前はミラノでキュレイターとして活躍されていたとお聞きしましたが、ヨーロッパのアート市場と、日本のアート市場間で何か違いは感じますか?

O.違いますね。文化的に異なります。おそらく西洋諸国はより現代アートに関連、関心があって、その結果、アートが一つの市場になったのだと思います。一方日本の場合、アート市場のモデルは、前述した通り西洋で既に存在していた。必ずしも西洋のようにアート市場が存在する必要性、アーティストを促進する必要性があったため出来上がったわけではない。そのため、一見ヨーロッパのアート市場と日本のアート市場は似通っていますが、実際は、各々の市場はその国に特有の存在理由があるのだと思います。私は、グローバルな市場というものを信じてはいません。グローバルになり得るのは、コンセプトやアイディアだけだと思っています。実際問題、アート市場はかなりローカルに存在しているものだと思います。

Y.日本のアート市場になにか特有なものはあると思いますか?

O.何が日本のアート市場に特有なのかは分かりませんが、日本のアート市場はたいへん保守的なマーケットだと言えるでしょう。主流なものはほぼ絵画だったりします。それでも、ギャラリーやその他の機関が、この現状を変える重要な役割を担うと信じています。

Y.現在の日本のアートシーンは、海外に対して能動的に開いていないとお考えですか?

O.外に向けてオープンかオープンでないかということに関しては、とても個人的なことだと思いますね。アーティスト自身によりけりだと思います。例えば、私が始めてSOSHI MATSUNOBE (http://matsunobe.net/) に出会った時、彼はまだ本当に若く、ほんの21歳でした。そして、彼は22歳の時に始めて個展を開きました。彼は、自身の作品に本当に本当に強く打ち込むアーティストです。そして同時に、彼は必死に英語を勉強しています。そうすることが、海外のアートシーンに介入し、現地でキュレイターやあらゆる機関のオーナーと、コミュニケーションを取ることを可能にする、ということを彼は分かっているのです。若い世代の日本のアーティストは、確実にこの事実に気付いているし、現地へ移って、インターナショナルなアーティストとして活動したいと思っていると思います。

Y.私も、自国以外でどんな活動をしたいにせよ、言語は必要不可欠な要素だと思います。日本人アーティストにとっては、これは大きな問題で、乗り越えるために必死に努力する必要がある問題だと思います。

O.確かに。でも、若い日本人アーティストが日本の外で起こっていることを把握するのに使っている手段は、たいへん興味深いですね。大抵の場合、インターネットや雑誌を通じて情報収集しているのだと思います。こうして最近では、国外のあらゆる情報を手にしているにも関わらず、彼らは日本人としてのアイデンティティを失わない。そしてこういった情報からの影響を織り交ぜて、ユニークで、特別な作品を造る。この事実も、たいへん面白いです。

Y.今、日本人アーティストの作品は、ユニークで特別だとおっしゃりましたが、ということは、日本人アーティストは何か特別なスタイルを持っていると思われますか?「日本風味」なるものを、説明して頂けますか?

O.彼らの作品には確実に特別なものがあります。きっと、日本が島国だからでしょう。特に言語に関しても、かなり孤立した島国であると言えると思います。ビジュアルのイメージ無しに、説明、カテゴライズするのは難しいですね、、私からすると、日本のアートは、伝統文化と同時に、モダン文化との美しい繋がりがあります。そして、他の国の物に比べてより抽象的、コンセプチュアルで、ミニマルアートのように思います。例えば、Soshi Matsunobeのケースですが、SUPER WINDOW PROJECTから、広大なスケールの石で作られた彼の作品のインスタレーションを展示します。彼は、現時点で約3000個にもなるインスタレーションに使用する石の全てを手作業で作っています。セメントで石を造り、自分の手でそれらを彫刻してゆくのです。こうして作られた石は、結果的に自然物の石のように見えます。まるでエディション(複製)、大量生産のようです。同じ行程を重ねるのです。彼はいつもある一定量のセメントを手に取り、それを手作業で彫刻するのです。その結果、石は自然界の石のようになる。各々が異なる。これはエディションです。どれも石なのに、どれも異なる。私はこのアイディアが本当に好きです。そして、この「同じだが異なる」「同じで異なる」「同じ、もしくは異なる」というアイディアは、とても日本らしいアイディアだと思います。彼が石を彫刻する時、いつも同じ作業を行う、もしくは同じ行程に従っています。そかし、結果は異なる。これはたいへんユニークで、日本のセラミック技術で起こることです。

Y.日本人以外の方からの日本のアートに対する印象をお聞きするのは面白いですね。確かにと思うことばかりです。現在、作品の普及のために SUPER WINDOW PROJECTのメンバーと、ヨーロッパにおられるとお聞きしました。

O.そうです。彼らは皆、パリで展示会を行う予定です。

Y.何か面白い反応はありましたか?

O.大いにありました。信じられないような反応があったと言わなければなりません。彼らの作品は、たいへんよく売れています。

Y. 若い世代の日本人アーティストにとって、海外で名を広めるのは難しいことだと思いますが、そんな話を聞くと嬉しいですね。

O.はい。実際に、第二言語を話さない場合、彼らにとって国外で注目を集めるというのはたいへん稀なことです。そうするためには、たいへん良質で、たいへん大きなギャラリーに登録するか、もしくは日本国内で既にかなり有名になっている必要があります。そうすると、必然的に彼らは比較的歳をとっていることになるのです。

Y.ヨーロッパでのアート市場へのアプローチの仕方は、日本でのそれと異なると思いますか?アート作品の普及の仕方は、異なりますか?

B.実は、全く同じことなのです。例えば、私の日本での活動は、フランス人アーティストの普及では無く、ヨーロッパのアーティストを、日本のアート市場に介入させることなのです。日本へ行って、日本で住むというのは、本当に素晴らしい経験なのですから。そして、ヨーロッパでは日本人アーティストのために同じことをしているのです。そして、このプログラムのために私が彼らを選んだ理由は、彼らの作品を知っていたからです。なので、彼らとの活動は、彼らの作品に、変換、劇的な変化、あるいは進展をもたらすと思うのです。SUPER WINDOW PROJECTは、この瞬間をもたらすことを目的としているのです。重要なのは、彼らのキャリアに見合うような作品の骨組みを、一つでも、二つでも、あるいはひとまとまり単位でも、確実に生み出すこと。そうすることは、彼らにとって一つのステップを意味するでしょうし、彼ら自身の国では出会うことの出来ないような、キュレイターや、コレクターと出会うチャンスを与えることになります。

Y. 間違いなく、彼らアーティストにとって、素晴らしい機会ですね。現在、SUPER WINDOW PROJECTではどのような企画が持ち上がっていますか?

O. 9月10日〜10月22日まで、パリのgdm/galerie de multiples (www.galereidemultiples.com.) にて、"Matsunobe / Suzuki / Tanaka, a Japanese window"と題した展示会を行います。なので、フランスではパリでgdm/galerie de multiplesとこの展示会を開き、そしてマルセイユでArt-o-rama(http://art-o-rama.fr/en/8/galleries/17/acdc-bordeaux-super-window-project-kyoto) に参加、ドイツのコロンでSoshi Matsumotoのためのレジデンスプロジェクトに参加し、イタリアへ開催されるArtissima 18 (http://artissima.it/) に参加します。ただ日本人アーティストの作品を展示するだけでなく、彼らと共に、何かを確立したいと強く思っています。日本人のスピリットを、ヨーロッパにもたらしたいのです。それに、現在の日本の状況を考慮しても、彼らの仕事を続けることが、彼らを助けるひとつの方法だと信じています。

Y.今回のヨーロッパでの滞在を通して、ヨーロッパでのアート市場において、現代の日本人アーティストの活躍を期待するようになりましたか?

O. 彼らは現代において最も素晴らしいアーティストかもしれません。ですが、誰もそのことに気付いていないのが非常に残念です。

Y. ということは、日本のアートは世界中では広く知れ渡っていないとお考えですか?

O. そう言いたくありませんが、そう思います。しかし、彼らはもっと大きな注目を浴びるに絶対に値すると、本当に思っています。そう言った考えもあり、私が今彼らと行っていることが、もっと発展、進展し、私がまだ知らないアーティストまでをも巻き込んで欲しいと思っています。

Y. 今のこの活動が、何か偉大なものを彼らに与えることを期待しています。最後の質問として、どういった理由でバロンさんのギャラリー、むしろプロジェクトと呼ぶべきものを、SUPER WINDOW PROJECTと命名したのですか?

O. 例えば、「ギャラリーBaron Osuna」と命名したとして、そうした場合、私たちが現在持っているようなプロジェクトとしたアイディアよりも、所謂ギャラリーとしてのアイディアが強く出てしまうと思ったからです。このSUPER WINDOW PROJECTという名前を使いたかったのは、私が以前行っていた活動ともより関連しています。というのも、以前私はルイ・ヴィトンやエルメスと言ったブランドのために窓のデザインもしていたのです。子供の頃、「window project」と名付けられたある作品にひどく惹かれたともありました。このSUPER WINDOW PROJECTという名前そのものが、私の過去を表しているのです。この名前を持つことに、たいへんこだわりました。私にとって、SUPER WINDOW PROJECTは、仕事の過程であり、ある小さな空間でもあります。しかしその空間は、広大で、大きな窓を持っているのです。

Y. そんな興味深い由来があったのですね!オスナさん、どうもありがとうございました。

O. どういたしまして!

www.superwindowproject.com

(6.10.2011)

  • ArtFacts.Net - your experienced service provider

    Since its start in 2001, ArtFacts.Net™ developed a sophisticated artist database through its collaboration with international art fairs, galleries, museums and artists.